FANDOM


マインクラフト内では、食料の生産を安定させるため、農業を行う。また、効率よく木を採るため、植林所をつくることもある。


農業 編集

農業とは、畑をつくり、野菜などを育てること。マインクラフト内では、小麦、ニンジン、ジャガイモ、ビートルート、サトウキビ、ココアビーンズ、キノコ、カボチャ、スイカ、ネザーウォート、サボテンにあたる。

小麦、ニンジン、ジャガイモ、ビートルートを栽培するときは、水の周りの土をクワで耕すとできる畑の土に種(ジャガイモ、ニンジンはそのまま)を植えて栽培する。畑の土は水の近くにあると湿り、作物を育てることができる。乾いていても栽培できるが、種を植えないまま放っておくとただの土にもどってしまう。骨粉を使えば、成長を早められる。収穫すると、種(ニンジン、ジャガイモは除く)が増える。ジャガイモを収穫すると稀に、青くなったジャガイモを入手できる(食べると高確率で毒になる)。

サトウキビの場合は、水のすぐ隣にある土、あるいは砂ブロックの上にしか植えられない。後は、そのまま放っておくことで3ブロック分の高さまで成長する。BUD回路や、オブサーバー(観察者)を使った自動の収穫機もある。

ココアビーンズはジャングルの原木の側面に設置するだけで育つ。

カボチャ、スイカは種を植える所までは小麦などと同じだが、実がなるときに、ブロックとして横に成長するため、空間を開けておく必要がある。

キノコは、暗い所であればほとんどのブロックに植えられる。明るすぎると破壊される。そのままでも増殖するが、骨粉を使えば、大きなキノコに成長させられる。その場合はブロックで影を作る必要がある菌糸ブロックであれば日光に当たっていても育てられる。ただし、菌糸はキノコバイオーム(キノコ群生島)にしかない。

ネザーウォートは、ソウルサンドに植えるだけで育つが、育つスピードは遅い。

サボテンは、日光の当たる砂ブロックに植えると勝手に育つ。サボテンは装飾や染料ぐらいしか需要がないので、あまり大きなものを作る必要はない。側面にブロックがあると破壊される。

林業 編集

林業とは、木を育て、採ることである。マインクラフト内は、森林が多いのであまり作る必要はないが、砂漠などで生活する場合は必要不可欠となる。

簡単にいえば、苗木を植えて放っておくだけである。一本の木から効率よく木を採るために工夫をするプレイヤーもいる。苗木に骨粉を使えば成長を早められる。オークや、ダークオークからは、リンゴもとれる。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。