FANDOM


バイオームとは編集

マインクラフトの世界における気候や地形のことを指す。このバイオームが複雑に組み合わさることによって世界が広がっていく。現在、バイオームは細かく分類すれば少なくとも40種類以上にもなる。中にはなかなか出会えない珍しいバイオームも存在する。詳細はリンク先で。

平原 編集

木が少なくなだらかな地形が広がる。ウマやウシ、ヒツジなど温厚な動物たちがスポーンする。村が生成されることもある。ひまわり平原、雪原などの亜種も存在する。樹氷の平野と呼ばれるレアバイオームもある。

砂漠 編集

雨の降らない乾燥した地形。野生動物はスポーンせず、水もないため食糧確保が難しい。村が生成されると何とか生活できる。ピラミッドが生成されるのでレアアイテムを手に入れるチャンスもある。砂だけは取り放題。地形はなだらかな場所が多い。山がちな砂漠もあり、むき出しになったダンジョンやピラミッドが生成される。

森林 編集

たくさんの木が生える地形。平原よりも草の色が濃い。野生動物も多いので生活はしやすい。しかし昼間でも薄暗いためモンスターが湧く。亜種としてシラカバ森なども存在する。気候によって生える木が違う。 タイガと呼ばれるバイオームはマツの木で構成され、雪が積もる。メガタイガと呼ばれる巨大なマツの木とポゾトル、苔石で生成される亜種も存在する。

ジャングル 編集

巨大なジャングルの木が密集するバイオームで、地面も葉ブロックで覆われている。またツタが大量にあり、起伏が激しいため移動が困難である。ココアビーンズが採れる。まれにジャングルの寺院が生成され、ヤマネコもスポーンする。

山岳 編集

石ブロックも露出する起伏の激しい地形で、高度100を超えるほど高い山々も生成される。また、このバイオームの周辺でしかエメラルドが採れない。砂利に覆われている亜種も存在する。

湿地帯 編集

ツタが垂れた樫の木や浅瀬で構成される熱帯のマングローブのようなバイオーム。草の色が暗く、魔女の小屋が生成される。スライムが地上で出現する唯一のバイオーム(ただし、月齢で出現頻度が変わる)。キノコや、ハスの葉も手に入る。粘土が多く生成される。

サバンナ 編集

ver.1.71で追加された雨の降らないバイオーム。アカシアの木が点在しており、村も生成される。緩やかな地形が多い。雲の高さまで届くほどたかい山が生成されることもある。

メサ 編集

固焼き粘土や赤い砂で生成される暑いバイオーム。発見するのが難しいレアバイオームの一つ。固焼き粘土の塔が生成されたり、草ブロックで生成される亜種も存在する。

海洋 編集

広い海が広がるバイオームで、孤島が点在する。陸地から離れた海は全て深海バイオームとなり、海底神殿が稀に生成される。イカがスポーンする。深海バイオームは砂利に覆われている。深さは30ブロック以上に及ぶ。性質上サバイバルでは、水を取り除かない限り、ネザーポータルを作る事が出来ない。

キノコ島 編集

マインクラフトの中で唯一ムーシュルームがスポーンする。巨大キノコが多数生えており、菌糸がここだけでとれる。モンスターはスポーンしない。基本的には離島である。

ネザー 編集

ジ・エンド 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。